2017年05月26日

清水翔太 アルバム『FLY』が解禁!!「HOME」のアンサーソングも?

本日5月26日、清水翔太さんのニューアルバムのリリースが解禁になりました!!

合わせてアルバムのリード曲になっている『Tokyo』のMVも自身のYoutubeチャンネルで

公開されております。

IMG_0974.JPG

そして6月12日(月)から全国ツアー

Shota Shimizu Live Tour 2017 “FLY”』がスタートします。

恐らくそこで初めてアルバム曲が聴けるのだろう予想していますが、

今までだとライブ前にアルバムが発売されて、

十分に曲を聴いて予習をしてライブに挑むことができましたが、

今回はそれができず、ライブで初お披露目ということでしょうから

それはそれで違った楽しみがありますね^^(笑)

【スポンサーリンク】



そして肝心のアルバムのリリース日と中身ですが、

リリース日は6月28日(水)です。

アルバムの中身は、『My Boo』、『FIRE』を始め、

アルバムのリード曲『Tokyo』、

また現在東京のHIP HOPシーンをリードするKANDYTOWN / BCDMGからIOとYOUNG

JUJUを迎えて制作したコラボレーション楽曲『Drippin' feat. IO, YOUNG JUJU』を

含め計全12曲収録されており、以下が収録曲になります。

1. Sorry Not Sorry

2. FLY

3. My Boo

4. Drippin' feat. IO, YOUNG JUJU

5. 夢がさめないように

6. interlude -夢の続き-

7. Because of you

8. milk tea

9. いつもBlue

10. FIRE

11. speechless

12. Tokyo

【初回生産限定版 CD+DVD / 3,900円+税】には、

上記の楽曲はもちろん、『Tokyo』のMusic Videoと

『10th memorial & BDAY Special Live』が収録されている豪華特典付です。

すでに予約も開始されてますので、気になる方は要チェックですね^^


またタイトルに書いた通り、

"『Tokyo』は彼の代表曲でも『HOME』のアンサーソングではないか?"

すでにファンの間で噂になっています。

というのも、デビューを控え上京時の心境を歌った「HOME」から10年、

それからの東京生活や東京で生きていくことを表現した歌詞を歌っており、

その内容が恐らく『HOME』のアンサーソングではないかと言われてる所以ですね。

歌詞にも注目して聴いてみてください。



MVでは恵比寿や渋谷の背景と共に、

2017年2月に行われた『10th memorial LIVE』の映像もMVに。

清水翔太が東京で生きて来た軌跡と“”をMVとして収録し、

切ないメロディーラインと歌声が染みる素敵に楽曲になっています。


昨年のPROUDツアーを成功させて、今年始めには10周年ライブを経て、

今年のFLYツアーはどんな素晴らしいライブになるのか今から楽しみですね。

【スポンサーリンク】




関連記事▼

⇒清水翔太 LIVE TOUR“FLY”2017 セットリスト
posted by あめじ at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

flumpoo ライブ 2017 (5/21・武道館) セットリスト

flumpoolの単独公演が5月20、21日の2日間にわたって日本武道館にて行われました。

flumpool 8th tour 2017 Beginning Special『Re:image』at NIPPON BUDOKAN
flumpool.jpg

21日に行われたファイナルのセットリストを掲載しましたのでご覧ください。

セットリスト▼

1. Touch

2. 覚醒アイデンティティ

3. labo

4. Natural Venus

5. 夜は眠れるかい?

6. 強く儚く

7. 明日キミが泣かないように

8. 花になれ

〜Inst〜

9. FREE YOUR MIND

10. 傘の下で君は…

11. Over the rain 〜ひかりの橋〜

12. ナミダリセット

13. ラストコール

14. Blue Apple & Red Banana

15. Sprechchor

16. World beats

17. 星に願いを

〜アンコール〜

18. 大切なものは君以外に見当たらなくて

19. 君に届け

以上の計19曲になります。

このライブは、来年2018年にデビュー10周年の節目を迎える彼らにとって、

2日間のライブは秋の全国ツアーおよび記念すべきアニバーサリーイヤーに向けての

前哨戦とも言える公演でしたね。


また今回のステージはバンドは客席を360°開放し、

円形ステージでそこに巨大な円柱型のビジョンを設けそれを生かした演出を

織り交ぜながらの華やかで豪華なライブでした。

まさに来年の10周年を迎えるにふさわしい2公演でしたので、

今後の彼らの活動にも注目です!!

【スポンサーリンク】

posted by あめじ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

ワンオク ライブ 2017 "Ambitions"(ファイナル・セトリ)

2017年5月17日(水)広島県立総合体育館 広島グリーンアリーナにて

ONE OK ROCKのJAPANツアーのファイナル公演が行われました。

ONE OK ROCK 2017 "Ambitions" JAPAN TOUR

ファイナルのセットリストを掲載しましたのでご覧ください。

ワンオク.png

セットリスト▼

1. Ambitions -Introduction-

2. Bombs away

3. ONION!

4. Deeper Deeper

5. Taking Off

6. 20/20

7. Cry out

8. Clock Strikes

9. Bedroom Warfare

10. 69

11. Always coming back

12. Wherever you are

13. Listen

14. Bon Voyage

15. Start Again

16. I was King

17. Take what you want

18. The Beginning

19. Mighty Long Fall

20. We are

〜アンコール〜

21. One Way Ticket

22. 完全感覚Dreamer

以上の計22曲になります。

そしてライブ前のいつものアナウンスでは、

■アナウンス
ダイブ、モッシュ、サークルなどの危険行為は禁止されています

といつも通りのアナウンスの後に、

■直後TAKAアナウンス
当公演では、ダイブ、モッシュ、サークルなどの危険行為を禁止とはしていません。そのような行為を見かけても、私達は笑顔でステージに立っているので、思う存分楽しんでください

と自らが前説のアナウンスをし会場は大盛り上がり!!(笑)

そしてライブ終了後間際には、
俺たちはしばらく世界をまわってきます。
そして、大きくなって日本に戻ってきます。
お前ら、追っかけ回しに来るんじゃねーぞ!
ここ、日本がホームだからホームで待っとけ!!
わかったな!
と力強く語り、ライブは大盛況で幕を閉じました!!!!

さすがTAKAらしいコメントです!!!

少し前にはインスタで上記と似たようなコメントをして炎上しましたが、

それを今夜のライブパフォーマンスでしっかり示した形になったんではないでしょうか。


さすが今や日本を代表するロックバンドだけあって、

熱く語る言葉の一言、一言に重みや説得力がありますね。

8月からは世界ツアーがスタートしますが、

世界でも存分に暴れまわって今以上に

ワンオクロック”の存在を知らしめてほしいですね^^

【スポンサーリンク】

posted by あめじ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする